MENU

精力増強サプリに使われる原材料記事一覧

植物性アルカロイドが中枢神経に働きかけて元気になれるカツアーバカツアーバは南米のアマゾン川で育つ天然ハーブ。アマゾン川流域および中米、アンデス地方にわたって自生します。現地では昔から催淫作用のある植物として有名で、葉っぱや枝から有効成分を抽出します。この有効成分が他の精力剤材料とちょっと違うのです。精力剤に用いられるものは、一般的に男性ホルモンを元気にして(あるいは分泌量をあげて)、精力をつける材...

最近の精力増強アプリの人気材料といえば、クラチャイダム!とにかく効く、とにかく元気になると大評判です。いったい何がそれほど効くのかぜひとも知って帰ってくださいね。タイ原産の植物で根の部分にミネラルやアミノ酸が多いクラチャイダムは、ショウガ科ケンペリア属の植物です。別名を黒ウコンや黒ショウガといわれますが、正確に言えばウコンとは別の種類です。タイ原産で熱帯の原生林で自生しており、日本に入ってくるのは...

トンカットアリというのがハーブだと知らなくても、精力増強サプリの材料として聞いたことがあるでしょう。日本ではまだ耳慣れない材料ですが、海外ではすでに人気が高い植物です。大学の実験でも精力アップ効果がみられた貴重な植物とはどんなものでしょうか。東南アジアの貴重な植物で滋養強壮効果があるトンカットアリは主に東南アジアの熱帯雨林地方で自生しているハーブです。マレーシアなどでは昔から薬として使うほど滋養強...

精力増強サプリには、どんどん新しい材料が入ってきます。カンカというのは、中国のタクラマカン砂漠にある新疆ウィグル自治区に生える植物です。古代シルクロードの時代から、活力源として親しまれている歴史の長い植物です。シルクロード南部、ホータン地区は世界でも長寿で知られる地域です。ここの人々が食用しているのがカンカ、砂漠人参と呼ばれるものです。砂漠の厳しい環境の中でも自生する、非常に生命力の強い植物で、現...

精力増強サプリの原材料表を見て「これはいったい何だ?」と思うものがあるでしょう。材料にも流行があって、つねに新しいものが世界中から取り込まれています。そして昔ながらのものも健在です。それにしても原料表にのっている「コブラ」。まさか、コブラってあのコブラなのでしょうか?蛇にはたんぱく質や必須アミノ酸、ミネラルがバランスよく含まれている「コブラ」はまさにその通り。あの毒蛇のコブラのことです。中国や東南...

男性の元気アップ、精力アップサプリといえば、マカです。マカがすごいという噂はずっとありますが、いったいマカのどの成分がそれほど男性を元気にするのか、知らない人が多いでしょう。実は、マカにはいろいろな栄養素がバランスよく含まれているのです。インカ帝国の時代から有名なスーパー栄養食品マカは南米のペルー原産の植物です。滋養強壮の食材として、インカ帝国の時代から大切に扱われているのです。栽培は2000年も...

昔から、蛇は滋養強壮の食材として人気がありました。それも毒性があればあるほど効果が高いといわれます。あらゆるものを食材にする中国では、マムシは男性の元気アップの切り札です。どんな効果はあるのでしょうか。マムシは中国北部から朝鮮半島、日本に住む蛇です。とくに中国では滋養のあるものとして尊重されて、単なる食材ではなく薬の扱いを受けていたのです。日本でも昔からマムシを食べていた記録が「大同類聚方(だいど...

精力増強サプリにくわしい人なら、ムイプラアマの名前を聞いたことがあるでしょう。ムイプラアマをメイン材料としたサプリはほとんどありませんが、効果があるといわれる精力増強サプリにはたいていムイプラアマがサポート材料として用いられています。なくなってしまった男性の活力回復・精力改善に、しっかり役立つ材料です。ムイプラアマはブラジル原産の熱帯・亜熱帯雨林に自生する植物です。現地では「性機能を改善・回復する...

精力増強サプリをチェックしていると、知らない材料があることも珍しくありません。ランペップなんて見たことも聞いたこともないという人がほとんどだと思います。実は卵の白身由来の成分らしいのですが、卵が元気アップと関係があるのかな?と思ってしまいますが実際にあるのです。卵の良質なたんぱく質を使い、効率よくアミノ酸を体内に取りこむランペップランペップは卵の白身を酵素分解したものです。白身に含まれる卵白タンパ...

昔から滋養強壮・健康促進の秘薬ともいわれる高麗人参(こうらいにんじん)。男女にかかわらず、さまざまな効果がみられる植物ですが、男性の元気を後押しする働きもあります。パーフェクトな食材だけに、高価な精力増強サプリメントになってしまうのが難点です。高麗人参は、中国の北東部から朝鮮半島が原産の植物です。人参と名がついていますが、ウコギ科トチバニンジン属なので、いわゆるニンジンとはまったく別の種類です。オ...

このページの先頭へ